(株)藤建企画


【会社URL:http://www.atatakaisumai.com
WebCosmo

駅近、広いリビング、スーパーが近い、駐車場2台など、ご希望をお聞きしながら調布市や狛江市で新築一戸建て,不動産の相談に乗る藤建企画へ。こだわりからご希望の物件をお探しできます。調布市と狛江市の新築一戸建ての写真掲載数、地域一番店を目指しています。


不動産の関連情報

不動産(ふどうさん、英: immovables)とは、国際私法や大陸法系の民事法で用いられる概念であり、大まかにいうと土地とその定着物、あるいはそれらに対する物権を広く含むこともある。英米法系の民事法における物的財産(real property)に近似する概念であり、その訳語としても用いられることが多い。 日本法においては、土地及びその定着物をいうとされ(民法86条)、条文上の直接の根拠はないが、建物それ自体が土地とは別個の不動産とされる(不動産登記法はそのような前提で定められている)。これは台湾民法にもみられるが、比較法的には珍しい。この他にも特別の法律により立木、鉄道財団等も一個の不動産とされている。 また、本来は不動産ではないが、法律や行政上などで不動産に準じて扱われることがあるものとして船舶、航空機、鉱業権などがある。
※テキストはWikipedia より引用しています。

不動産の物件紹介は、できるだけ地元の不動産会社に注目しましょう。地元ならではのメリットがあるからですが、経済的なメリットのひとつが仲介手数料です。仲介手数料が無料になるだけでも、不動産の取引では購入者にとってお得になります。少しでも物件の販売価格に予算の照準を合わせられるからです。新築一戸建ては価格帯が高めですから、少しでも経済的な負担を軽くしたいなら、仲介手数料にも注目しましょう。仲介手数料は、不動産の物件概要の中では取引形態を参照します。取引形態が仲介であれば、手数料の有無をスムーズに確認できます。調布市でマイホームを購入して生活しようとするのなら、地元の新築一戸建てを仲介している不動産会社に相談するのが理想的です。不動産の情報には、公開されているものと非公開の状態のものがあります。公開されている情報は、雑誌やインターネットに掲載されますし、非公開の情報は店舗限定で閲覧するか、不動産会社が運営するサイトの会員登録で閲覧するのが基本です。情報を閉じた状態にしている理由に、地主やオーナーの意向が反映されている場合も多く、個人情報が厳重に取り扱われている根拠にもなります。手軽に入手できる物件情報は市場の相場を知る上で参考になりますが、実際にマイホームとして購入を検討するときは積極的に非公開物件にも挑みましょう。新築一戸建ては、かつて存在していた建物を取り壊して更地の状態にしてから設計して建築している場合も多いです。築年数が古くなって空き家の状態になったまま放置された木造住宅は、安全と衛生の管理から取り壊されるケースがあります。新しく開発された分譲地も魅力的ですが、古くから住宅地としての歴史がある土地は地盤が固くて暮らしやすい場合が多いので、地元に住んでいる人の声こそが参考になります。地元の不動産会社は、地元に住んでいる人たちの声も寄せられていますから、新築一戸建てを仲介して提供する側でありながらも、マイホームとして購入する側の立場も理解しますので、不安や疑問点にも丁寧に対応できます。
Tagged on: ,(株)藤建企画