Studio Palette



WebCosmo

商品撮影は大阪のスタジオパレットへ是非、ご依頼下さい。専門のカメラマンが確かな技術と経験で高品質のサービスを提供。カタログ用写真・印刷広告用・ECサイト用など、様々な商品写真の撮影を承ります。リーズナブルな価格のプランもご用意。お気軽にお問い合せ下さい。


写真の関連情報

写真(しゃしん、古くは寫眞)とは、 狭義には、穴やレンズを通して対象を結像させ、物体で反射した光および物体が発した光を感光剤に焼き付けたのち、現像処理をして可視化したもの。このとき、感光剤に焼き付けるまでを行う機器は、基本的にカメラと呼ばれる。 広義には、電磁波、粒子線などによって成立する、弁別可能で存続性の高い像。英語の"photograph"という語は、イギリスの天文学者ジョン・ハーシェルが創案した。photo-は「光の」、-graphは「かく(書く、描く)もの」「かかれたもの」という意味で、日本語で「光画」とも訳される。"photograph"から、略して"フォト"と呼ぶこともある。 日本語の「写真」という言葉は、中国語の「真を写したもの」からである。
※テキストはWikipedia より引用しています。

いまや、ありとあらゆる物が瞬時に検索でき、そして画面に映し出されます。その画像が放つ印象はファーストインプレッションとして、見る側に対して大きなインパクトを残します。商品の案内の為の画像などは、その最初の印象が大切だといえます。ウェブ上でも、印刷物でも同じように画像の印象が重要になります。そのような大切な商品や、カタログに掲載する商品の撮影はプロにお任せするとグッと印象も変わります。実際に撮影を依頼するときに、考慮に入れたいのが技術はもちろん、商品の撮影に対しての経験や技術の蓄積があるかどうかです。また、掲載する数が多ければ価格も気になります。撮影するためにスタジオを借りたりすれば、それだけ経費もかさみます。しかし、自前のスタジオを持っていれば、撮影のスケジュールや信仰もスムーズに行きます。出来るならば、そのようなところに依頼をすれば良いかもしれません。そして、大切なのが撮影の技術です。その商品にあった撮影方法や技術が必要とされます。高級感のある商品はそれなりの雰囲気を出して撮影をしてもらわなければなりません。見る側を瞬時にグッと惹きつける必要があるからです。またその逆で、商品の価格などから撮影に大きな予算がかけられなければ、決まった価格でより多くの商品の撮影をしたほうが良い場合もあります。商品のグレードなどにより、撮影の単価が決まっていれば、より効果的なカタログやウェブ掲載の画像となります。自前のスタジオを持ち、撮影する商品のグレードにより撮影の単価も決まっている、この明確さとフレキシブルさが大切です。そこに、今まで培ってきた経験が生かされれば、希望通りの商品撮影が叶うはずです。実際に撮影をした後で、撮り直しなどを依頼したい場合にも応じてくれることも大切です。満足するまでキッチリと希望に合った画像を納品してくれる、そこがプロにお任せするという意義かもしれません。大型の商品から小さな物まで、あらゆる撮影に対応をしてくれる事も重要です。
Tagged on: ,Studio Palette