海外での腎移植手術をお手伝い 海外腎移植事情研究協会


【会社URL:http://www.kidney-tp.org/
WebCosmo

海外での生体腎移植/献腎移植に関する情報は30年以上の歴史を持つ当会へ!クレアチニン上昇による透析と決別するための確かな情報があります。帰国後にお世話になるアフターケア医療機関も万全。まずは先輩患者さんから海外での腎移植体験談をお聞きください。


病院の関連情報

病院(びょういん、英: hospital)は、疾病や疾患を抱えた人(病人、患者)に対し医療を提供したり、病人を収容する施設(の中でも一定の規模のもの)のこと。 病院の設立者は公的セクターが多いが、また保健組織(営利または非営利団体)、保険会社、慈善団体などがある。病院は歴史的に、その多くが宗教系修道会や慈善家によって設立・運営されてきた。
※テキストはWikipedia より引用しています。

海外での腎移植を検討する方は増加の傾向にあります。人工透析では完治させることが難しい腎不全ですが、腎移植を行うことで完治を目指していくことが可能になっていきます。長くに渡って腎不全に悩んでいた方も、腎移植を行っていくことで腎不全の完治を目指すことが出来るようになり、健康的な生活を回復させていけるようになっていきます。フィリピンを中心にアジアで手術が行われている腎移植を受けるには信頼できる医療機関のサポートを受けていくことが大切です。外国に渡航して臓器移植を受けていくには不安が伴う方も多いものです。海外腎移植事情研究協会では、初めて海外で腎移植を受ける方でも不安なく施術を受けることが無いように渡航の準備から医療機関の確保に至るまでトータルでサポートをしていきます。海外での手術には言葉の問題も含め、様々な不安を感じてもいくことでしょう。海外腎移植事情研究協会では24時間に渡ってマンツーマンでのサポートを実施していきますので、海外での腎移植であっても不安を感じることもなくスムーズに行っていくことが出来るようになります。腎移植の手術はパッケージにもなっていて、初めて腎移植を受ける方でも気軽に手術を行えるようになっています。腎移植を行う際には事前に国内で事前検査を行うことから始めていきます。事前検査の結果、腎移植を行うのに問題が無いと判断された場合には、実際に手術を受けた方の体験談を聞いていき、手術の流れと内容の検討をしていきます。体験者の手術内容と移植手術の流れを元に、自分なりに渡航計画を検討していく形で腎移植を進めていきます。実際に腎移植を行うスケジュールは渡航エリアによって違っていきますが、平均して二週間程度の期間になっていきます。海外腎移植事情研究協会の提供する腎移植パッケージには渡航費から現地での宿泊費、入院費用に至るまでトータルで含まれています。腎移植を受ける際のドナーは厳格な事前審査によって選んでいきます。スムーズな流れで腎移植を実現していくことが可能になっていきます。
Tagged on: ,海外での腎移植手術をお手伝い 海外腎移植事情研究協会