東京の英語保育・プリスクール | FUTURE児童園


【会社URL:https://www.future-jidoen.com/
WebCosmo

英語の保育なら「FUTURE児童園」へ。当児童園は、2歳から6歳の子供に英語による保育を東京都世田谷区、大田区、中央区、北区で展開しています。子どものグロ−バルな未来と将来性をのばすオリジナルカリキュラム教育と保育を提供する児童園・プリスクールです。


保育所の関連情報

保育園は、保護者が働いているなどの何らかの理由によって保育を必要とする児童を預り、保育することを目的とする通所の施設。日本では、児童福祉法第7条に規定される「児童福祉施設」となっている。本項では、日本の保育所について解説する。 施設名を「○○保育園」とする場合も多いが、あくまでも「保育園」は通称であり、同法上の名称は「保育所」である(尚、市区町村の条例で施設名を〇〇保育園と定める例がある)。 地域によっては、公立を保育所・私立を保育園という形式で分けるところや、施設面積が広いところを保育園・狭いところを保育所とするところもある。
※テキストはWikipedia より引用しています。

今回の記事では、現在東京都内において、多くの幼児教育事業を運営されているAZABU校グループが、多くの保育園を開園している「FUTURE児童園」に関しての内容になります。同園は現時点において、都内で合計4校からなるところが開設をされている状態であり、運営がされている様子になっています。下丸子・太子堂・日本橋・田端の、各4校からなる開設形態になっていますが、それらにおいては、日中での児童入園を対象にしたレギュラークラス、夕方あたりからの入園者である児童を対象にしたアフタークラス、これらからなる各クラスコースが設定をされているような形です。前者は満2歳から4歳程度まで、そして、後者は4歳児から小学生6年生にあたる11歳前後まで、これらのような各クラスコースでの対象年齢の設定がなされていて、普段の日常から英語の勉強が効率よく出来るような教務過程からなる学習環境の整備がなされたりしていますので、本当にありがたい保育環境からなる保育事業者の1つでもあります。都内にある各園において、意外にも無理なく英語での会話を普通に普段からやっていくというような形態仕様で、園内での教務を日常から行うという形ですので、どの園児個々人にとっても、無理のない英語会話が可能になるといった点で、大変好評があり、世論からとても注目をされています。そうした事情から、現状としては入園待ちであるお宅とかもあるような感じですが、それくらいに大人気な保育園ですので、その評価の高さは都内においても有名です。そして、なんといっても、同園各校においては、事前予約や連絡の上で、無料で体験レッスンでのシミュレーションが出来るような制度もあります。実際に、お宅のお子さんを入園させてみて、ご本人に入園時においての体験の感覚を味わってもらいながら感想などを確認をして、それから入園の如何に関しての判断をしていくというような形での判断がしやすいといった点でも、とても稀少な、めったにない保育園としても好評なところがあります。
Tagged on: ,東京の英語保育・プリスクール | FUTURE児童園