サンドアートパフォーマンスで披露宴・結婚式・企業イベント - kohei(こうへい)のサンドアートパフォーマンス


【会社URL:https://www.kohei-sandart.com/
WebCosmo

結婚式・企業パーティー・各種イベントでのサンドアートパフォーマンスのご依頼はこちらへどうぞ。サンドアートとはガラスの上をバックライトで照らし、砂の絵を次々と変化させてストーリーを展開していきます。感動的で温かいサンドアートパフォーマンスの世界をお楽しみください


絵画の関連情報

絵画(かいが)は、物体の形象を平面に描き出したもの。 日本語では類語の絵が幅広く用いられ、絵画という語は、特に芸術作品としての絵を指す場合がある。ただし、絵と絵画を区別して用いるとは限らない。また画を後ろにつけて描写の技法や対象を示す用語もある(水墨画、静物画など)。 フランス語の peinture(パンチュール)、英語の painting(ペインティング)、日本語の雅言的表現で絵と呼ぶこともある。 文字などを「書く」ことより早く、絵画を「描く」行動は幼少期から見られる行動である。発達心理学などの分野では、14歳から18歳程度で完成期と呼ばれる時期を迎え、多くの人はその頃から、ほとんど描かなくなる。子どもの絵に関する社会科学的研究は豊富だが、大人の絵に関する同様の研究は少ない。その一方で、多くの人が描かなくなる年齢を過ぎても活動的に絵を描く人々が居る。歴史的に代表的なのは画家であると言えるが、現代ではより多くの業種に見出される傾向である。なお、人間の発達には個人差があり、柔軟な姿勢が必要である。
※テキストはWikipedia より引用しています。

サンドアートはいくつかの分野に分かれます。糊が塗ってある紙などのシートに色のついた砂をぱらぱらとふりかけるようにして絵にするサンドペインティングもサンドアートのひとつです。また、ガラスの上にある砂をライトで照らしてそこに砂絵を描きながら物語などを展開させるサンドアートパフォーマンスと呼ばれるものもあります。最近はサンドアートというとこのサンドアートパフォーマンスのことだと考えられることが多くあります。数年前のアニメーション関連のイベントで実際に披露されたのをきっかけに一般に知られるようになったそうです。スクリーンに砂の絵を投影して大きな画面でそれを見るというのが一般的な鑑賞の形です。繊細な砂の絵の美しさに魅力を感じる人は大勢いるようですが、これから本格的に広く浸透していくような気配を見せている芸術のひとつだとも言えるでしょう。今後ますます一般に普及していく分野だと言うこともできるようです。サンドアートは結婚式や企業のイベントなどで直接パフォーマンスとして披露するだけではなく、結婚式の披露宴や企業向けに使用する映像として制作することもあります。希望があればパフォーマンスか映像制作かのどちらかで依頼することができます。パフォーマンスは特に今現在進行しているという状況から緊張感も、多少の緊張感も感じながら美しい映像に見入ることができ、そのストーリー性も楽しむことができると評判です。これは繊細なアートであるために準備に時間を要します。そのため、依頼する場合は日数に余裕を持つ必要があります。もちろんその時々で状況は異なるので、短い期間でも制作が可能なこともありますが、基本的にパフォーマンスなら予定当日の2か月前には申し込みましょう。パフォーマンスは精密機器を使用するために屋内で行うことが基本です。当日はスクリーンやプロジェクターの準備が必要になります。映像の制作の場合はテーマと納期を伝えます。取り入れて欲しいものがあればその希望も伝えると良いでしょう。
Tagged on: ,サンドアートパフォーマンスで披露宴・結婚式・企業イベント - kohei(こうへい)のサンドアートパフォーマンス